株式投資に限らず、投資の世界というのはごく一部の巨大投資ファンドによって動かされていて、

私たちのような小さな一個人はその手のひらの上で踊らされるだけ・・・

 

投資の世界の中にはそういう分野も残念ながら少しずつあります。

 

でも、そんな投資の世界でも個人に向いている分野も存在します。

 

それが「日本の株式投資」なのです。

 

日本の株式投資が個人に向いている理由

なぜ、日本の株式投資が個人に向いているのかというと、

日本の株式投資が個人を優遇しているからです。

 

少し前までの日本の株式は知り合いの会社同士で持ちあうことが多く、

個人で株式の売買はなかなかできない状況でした。

 

しかし、知り合いの会社の株を買うということは、

自分の会社の経営が順調でも知り合いの会社の株が下がると、

足を引っ張られることになってしまいます。

 

その足の引っ張り合いが特に顕著になったのが、リーマンショックで、

それから株式を持ち合うのをためらうようになってきています。

 

知り合いの会社に株式を買ってもらいにくくなったので、

代わりに個人に買ってもらおうという流れになってきているのです。

 

個人を優遇する日本の株式特有の仕組みが「株主優待」です。

 

日本の株式投資特有の「株主優待」とは

株主優待というのは、株主に対する特別なサービスです。

 

例えば、日清のような食品メーカーの株主優待は自社商品の詰め合わせのプレゼントだったり、

交通機関の株主優待なら、チケットの割引券など、

自社のサービスを割安で受けられる株主優待がほとんどです。

 

個人の株主にとっては、サービスを受けられてお得ですし、

会社にとっても、自分の会社の製品やサービスを知ってもらうキッカケになります。

 

日本の株式は個人を優遇しようとする傾向があって、

その表れが株式優待なのです。