株式投資」というとどんなイメージがありますか?

 

「なんだか難しそう」

「専門家の人しかできない」

 

「株式投資」=「難しいよく分からないもの」

と考えるのが普通です。

 

ですが、株式投資というのは実はとてもシンプルなものなのです。

 

株式投資は実はシンプル

 

「株式投資」=「株式」+「投資」と分けてみましょう。

 

投資」というのはご存知ですね。

お金をうまく増やしていくのが投資です。

 

株式」というのは、会社がお金を集めるために発行するものです。

 

会社を作るにはお金が必要になるのですが、

会社ができる前なので仕事をしてお金を稼ぐことはできません。

 

そこで、会社は

経営がうまくいったら利益を分けるから、お金を出してください

と投資家の人たちにお願いしていくのです。

 

そのときにその約束の証拠として「株券」が発行されるのです。

 

経営がうまくいっている会社の株券の値段は高値で売れますが、

逆に経営が上手くいっていない会社の株券は安くなってしまいます。

 

つまり、「株式投資」というのは、

株券をうまく売り買いしてお金を増やすこと」なのです。

 

株式投資の選択肢は意外と少ない

株式会社というのは株券を発行している会社のことなのですが、

あなたのまわりに株式会社はいくつあるでしょうか。

 

日本にある株式会社はおよそ100万社と言われています。

 

「100万もある会社の株をどうやって選べばいいの!?」

と思うかもしれませんが、実は100万社すべての株を自由に売り買いできるわけではありません。

 

多くの会社は知り合いの中でお金を集めてしまうので、

あなたが株を買いたいと思ってもそんな会社の株を買うことはできません。

 

では、会社の株を自由に買えるかどうかのポイントは

上場しているかどうか

です。

 

よく「ジャスダック」とか「東京証券取引所」という名前がニュースに出てきますが、

そういった証券取引所に上場している会社の株しか自由に買うことができないのです。

 

なので、株式会社自体は100万社ありますが、

実際に自由に株を売り買いできるのはそのうちの0.4%だけなのです。

 

ちなみに「東証一部」というのは、上場するのが日本で一番難しい証券取引所で、

東証一部に上場している会社はわずか1700社ほどしかありません。

 

株式投資というとかなり複雑で難しいイメージがありますが、

東証一部に限るとわずか1700社の株を売り買いする

というとてもシンプルなものなのです。

 

(といっても必ず儲けることができるというわけではないのですが)

 

具体的にどんな会社の株を買うべきかはこちらの記事でお話しします。

株式投資ではこんな会社に注目すべし!